教員によるICT教育の実践で、GIGAスクール構想実現の後押し[AD]

GIGAスクール構想が目指す児童生徒「1人1台」の学習環境は、学びをどう変えるのか。東京学芸大学附属小金井中学校では生徒1人1台環境で理科の授業を実践。取り組み内容を担当の大西琢也教諭と、同校にクラウド型授業支援システムを導入するチエルの豊野勇紀氏に話を聞いた。

生徒同士の学び合いが増え、潜在能力も浮き彫りに

──ご自身の理科の授業では1人1台の学習環境を整備していますが、教育現場にどのような変化が起きていますか。

大西琢也

大西琢也

東京学芸大学附属 小金井中学校教諭

大西:従来の授業は教師が一方的に知識を与えるのが主流でしたが、パソコンを1人1台導入した現在は、動画教材のリンクを貼った事前課題を与えておくと、生徒は予備知識を得てから授業に臨めるようになり、授業での理解が深まっています。さらに授業中は、教師が提示した動画よりも分かりやすい動画を探してリンクを貼る生徒も現れるようになり、仲間と一緒に学んだり、情報を共有するという学び合いの雰囲気が出ています。教師の授業スタイルが変わることで、生徒の学び方も変わり、「主体的・対話的で深い学び」が行えているなと感じています。

また、初めのうちはパソコンをスマホと同じように、ネットを使った調べ学習にしか利用していなかった生徒も、段々と自分に合った使い方を見出すようになっています。

手書きが苦手な生徒が、パソコンを使うことでイラストや図表を多用し、ビジュアルに訴える完成度の高いレポートを作成できるようになったケースも見られます。ICT の活用は、紙ベースで見えなかった潜在的な能力を浮き彫りにしてくれるのだと実感しています。

──ICT を活用して、具体的にどのような授業を展開されていますか。また、これまでの授業を組み立てる際に最も配慮された点とは。

大西:Chrome™OS を搭載したノートパソコン Chromebook™ と、チエル社のクラウド型授業支援システム「InterCLASS® Cloud」を使って、各生徒の画面をモニタリングしたり、任意の生徒の画面をスクリーンに投影し、画面を共有しながらプレゼンを実施したりしています。

ICT の活用にあたり私が決断したのは、学習活動すべてを教師がコントロールする完全制御型の授業をやめることでした。そして、パソコンも文房具と同じ道具と捉え、いつでも自由に使えることにしたのです。

すると、実験結果を考察する場面でこんな変化が見られました。真面目な生徒ほど何度も文章を書いたり消したしないで済むように頭の中で推敲を重ねるのですが、結局は時間切れとなって感想を一言書いて終わり……ということがよく起こっていました。

ところが、一見すると文章が苦手に見える生徒も、パソコンに入力しながら思考を整理したり、簡単に加筆修正ができるようになったことで、自分なりの気づきをわかりやすく表現する力が発揮されるケースが数多く見られたのです。生徒の潜在能力を引き出すには、パソコンを「自由に使わせること」が必須条件であり、道具の選択肢が増えるメリットは大きいです。

──チエル社の「InterCLASS Cloud」は、発表時の成果物だけでなく、作るまでのプロセスも投影したり、共有できるそうですね。学習プロセスを共有することで、どのような効果が得られるのでしょうか。

大西:紙ベースの成果物の場合、作り終えた後にダメ出しを受けて全部やり直すといったことも起こりがちでした。その点、情報をクラウドで共有できる「InterCLASS Cloud」なら、作成のプロセスで小出しに指示が出せるので、作り終えたときには成果物が完成しています。

また、クラス全員で他の人の作成途中のレポートが見られるので、生徒同士で「ここが間違っている」と指摘したり、出来の良いレポートを作った生徒に質問したり、他の人のものを見て自分で修正していく力も養われていきました。作業の過程で改善するという流れは、早いうちから学んでおくことが大きな意味を持つと考えています。

チエルは現場の声を反映し、様々な製品を開発

チエルは現場の声を反映し、様々な製品を開発

場所や時間の枠組みを越え、もっと自由な授業を

──GIGAスクール構想の実現に向け、教育現場にはどのような製品が必要だとお考えですか。

大西:学習ではインプットと共にアウトプットが非常に重要です。今までは成果物を提出すると、生徒の手元に残らず振り返りができませんでしたが、デジタル化によって成果物や学習履歴をデータとして蓄積し、多くの人と共有することが可能になりました。授業支援システムには、そうした学びのアウトプットを共有する上で役立つ機能がますます充実することを期待しています。

また、休校措置を受けて、1学年を一つのクラスと捉えた遠隔授業を実証的に実施しているのですが、オンラインの参加者だけを表示できる機能が追加されたことで、よりスムーズに授業が行えるようになりました。現場の声を取り入れ、あっという間に新しい機能を追加してくださるので非常に助かっています。

豊野勇紀

豊野勇紀

チエル株式会社 製品開発部 開発スペシャリスト

豊野:当社は全国各地の学校との実証研究などを通じて先生方とのリレーションを構築し、常に現場の声を反映した製品開発に取り組んできました。本製品も当初は教師が見るための画面を想定していましたが、大西先生の授業を拝見するうちに、任意の生徒の画面を選んで比較したり、共有する機能が必要だと感じ、一層の授業改善につながる製品に改良しました。今後も実際の教育現場を見学しながら、随時新しい機能を落とし込んでいきたいと考えています。

──ICT を活用し、将来的にはどのような授業を目指したいとお考えですか。

大西:ICT の活用により、場所と時間の概念が大きく変わるだろうと予測しています。対面の一斉授業ではクラスという概念が必要でしたが、ICT を活用すればクラスごとの時間は不要になり、好きな時間に好きな授業に参加できるようになるかもしれません。ICT によってさまざまな既成の枠組みを取り除き、もっと自由な発想で新しい授業を展開していけたらと考えています。

【お問い合わせ】

チエル株式会社

チエル株式会社
https://www.chieru.co.jp
E Mail:chieru-info@chieru.co.jp
TEL:03-6712-9721
営業時間:月~金 10:00~17:00
(土日祝・弊社指定休日は除く)

この記事に関するお問い合わせは以下のフォームより送信してください。