学ぶ楽しさを再発見、人は生涯成長し続ける学ぶ主体

p class="article_lead">社会情報大学院大学は8月8日、『リカレント教育フェア』を開催。リカレント教育の最前線にある同学の学びの紹介や、同学で学ぶ学生の言葉を通じ、リカレント教育の意義を再考した。在学生座談会では2021年4月に開設された実務教育研究科の第1期生が集い、院生生活等を語り合った。

立原 寿亮さん(左上)、伴野 崇生准教授(右上)、佐藤 文子さん(左下)、安藤 勉さん(右下)

三者三様
学び直しのきっかけ

社会情報大学院大学は2021年8月8日、「リカレント教育フェア」をオンラインで開催。同フェアではリカレント教育の最前線にある同学の学びの紹介や、学生の言葉を通じ、リカレント教育の意義を再考した。

在学生座談会では2021年4月に開設された実務教育研究科の第1期生である立原寿亮さん、佐藤文子さん、安藤勉さんの3名が集い、大学院生生活等を語り合った。ファシリテーターは、社会情報大学院大学 実務教育研究科准教授 伴野崇生氏が務めた。

(※全文:2444文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。