「現場の声」から生まれた民間資格 レクリエーション介護士

2014年に創設された民間資格制度「レクリエーション介護士」は、わずか4年で取得者が2万人を超えた。資格制度の考案者は、介護業界とは全く異分野の人物。介護現場の声を丁寧に聞き、イチから資格を作り上げたという。

「レクリエーション介護士」は自分の趣味・特技を活かしつつ、高齢者に喜ばれるレクリエーションを企画・実施できる人材

「レクリエーション介護士」は自分の趣味・特技を活かしつつ、高齢者に喜ばれるレクリエーションを企画・実施できる人材

全国で活躍するレクリエーション介護士。2級資格取得者は2万人を突破

全国で活躍するレクリエーション介護士。2級資格取得者は2万人を突破

レクリエーション介護士とは、介護や高齢者に関する基礎知識を有し、なおかつ自分の趣味や特技を活かした介護レクリエーションを企画・提案・実施する技能を持つ人材。2014年9月に民間資格制度がスタートし、2018年に2級資格の取得者は2万人を超えた。

この制度を手掛けるのが、大阪に本社を置くBCC社だ。同社はもともとIT営業アウトソーシング事業を手掛けていたが、2012年に介護レクリエーション(以下、介護レク)事業をスタートした。

なぜ畑違いの事業に参入したのか。すべてのきっかけは…

(※全文:1828文字 画像:あり)

全文は無料会員登録後、ログインしてお読みいただけます。