加速するメリトクラシーの再帰性 能力不安から見る「選抜」のいま

「社会人基礎力」「学力の3要素」「非認知能力」等、予測不可能な時代に向けて、我々は様々な能力が必要だと訴える。『暴走する能力主義』の著者である東京大学大学院の中村高康教授は、現代社会は「選抜」においても「メリトクラシーの再帰性」が強まっているのではないかと指摘する。

(※全文:2923文字 画像:あり)