明治・大正期から続く私立小学校 「選択」と「選抜」の歴史を読み解く

少子化が問題視されて久しいが、私立小学校の数は、過去最多である(2019年度237校)。一時期は「お受験」と呼ばれ、競争が激化した小学校入試。歴史をさかのぼって現代の私立小学校を研究する青山学院大学の小針誠教授に伺った。

(※全文:2851文字 画像:あり)