経営の本丸になる「人的資本」 経営者と人事に必要な知識・スキルとは?

モノからコトへと言われるように、産業構造が変化するなか、人材をコストではなく価値創造の資本として捉える『人的資本経営』に注目が集まる。「人への投資」が謳われるなかで、経営者や人事担当者が身につけるべき知識・スキルとはどのようなものだろうか。

高まる人的資本開示への要求
「人的資本経営」の考え方

岩本 隆

岩本 隆

山形大学学術研究院 産学連携教授
東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院工学・応用科学研究科材料学・材料工学専攻Ph.D.。日本モトローラ、ノキア・ジャパン等を経て、2012年6月より2022年3月まで慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)特任教授。2018年9月より現職。外資系グローバル企業での最先端技術の研究開発や研究開発組織のマネジメント経験を活かし、技術系企業に対する「技術」と「戦略」とを融合させた経営コンサルティングや、技術・戦略・政策の融合による産業プロデュースなど、戦略コンサルティング業界における新領域を開拓。KBSでは「産業プロデュース論」を専門領域として、新産業創出に関わる研究を実施。

昨今、注目を集める『人的資本経営』。岸田政権が打ち出す『人への投資』と相まってバズワード化しているきらいがあるが、岩本氏は「実は10年以上前から取り組まれてきたこと」と解説する。

欧米では2008年のリーマンショックによって実体を伴わない経済への批判が高まり、これ以降、金融資本主義から人材資本主義の流れが生まれた。そのなかでESG(環境・社会・ガバナンス)に代表されるような『非財務指標』も重要だという認識が投資家に広がった。その後、2011年に国際標準化機構(ISO)で人材マネジメントの専門委員会(TC:Technical Committee)であるTC 260が創設。人材マネジメントの計測方法について、現時点で27の国際規格文書が出されている。

(※全文:3079文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。