切磋琢磨の競争がオリジナルな自分を創る 自らを信じリスクに挑戦する姿勢

産業復興に向けイノベーションへの要請が強まり産学連携が重視される今、アカデミアを担う研究者に求められるマインドも変わりつつある。日本の大学発ベンチャーの草分けである東京大学教授の菅裕明氏に、研究と産業を越境する人材の要件について聞いた。

研究の面白さを知った学生時代
アメリカで「競争」に挑む

菅 裕明

菅 裕明

東京大学大学院 理学系研究科 教授、ペプチドリーム 創業者・社外取締役
1986年に岡山大学工学部工業化学科卒業、1987年に文部省特別留学生としてスイスローザンヌ大学化学科へ留学。1989年に岡山大学工学部精密応用化学科を卒業し修士号取得、1994年に米国マサチューセッツ工科大学化学科を卒業、Ph.D.取得。米国マサチューセッツ総合病院 ハーバード大学医学部 博士研究員、米国ニューヨーク州立バッファロー大学化学科 助教授、同大化学科 テニュア准教授、東京大学先端科学技術研究センター 准教授。同センター 教授となった後の2006年にペプチドリームを創業、2010年より現職。2022年に日本化学会会長に就任。趣味はエレクトリックギター演奏と収集。

『フレキシザイム』という人工RNA酵素を開発、その技術を創薬に生かすべくペプチドリームを創業し、上場にまで導いた菅裕明氏。今でこそ研究者が起業するという話はよく耳にするようになったが、当時はまだ珍しく、研究者×起業家のパイオニア的存在だ。そんな菅氏が研究者を志したのは意外にも遅く、大学入学後であったと語る。

「岡山県出身で、そのまま地元の岡山大学に進学しました。実家が自営業だったため自分も、と思っていましたが、研究室に入り研究の面白さに気づいたのです」

(※全文:3262文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。