「知の交差」する拠点として半導体産業の未来を担う人材を育成

デジタル技術の高度化とともに半導体市場が拡大している。そうした中、半導体、デジタル産業分野の人材育成を目的に「福岡半導体リスキリングセンター」が誕生した。独自の講座体系と多彩な講師陣のもと、基礎から活用方法まで幅広く学べる同センターに大きな期待が集まっている。

半導体産業の基盤拡充に向け
いま必要な半導体分野の人材育成

井上 弘士

井上 弘士

福岡半導体リスキリングセンター 副センター長
九州大学大学院 システム情報科学研究院 教授
博士(工学)。主な研究分野はコンピュータアーキテクチャ。次世代の情報化社会を支えるコンピュータシステムに関する研究を中心に、超電導コンピューティング技術、光コンピューティング技術、量子コンピューティング技術、半導体集積回路技術、IoT技術などの研究を行っている。近年の主な共同研究・競争的資金等の研究課題は「ポストムーア時代を見据えた超伝導コンピューティング技術の創成と展開」「My-IoT開発プラットフォームの研究開発」など。

半導体の世界市場は2024年に過去最高の6,112億ドル(約95兆円)になるとの予測もある。この成長産業を日本経済の牽引役として再構築することは急務であり、政府も、いわゆる「骨太の方針」に次世代半導体量産・国内調達に向けた法整備の推進を盛り込んだ。

今年2月に、熊本県で台湾積体電路製造(TSMC)の工場が開所し、半導体分野は新局面を迎えている。その九州では、2023年8月、半導体やデジタル産業分野に精通した新たな人材の育成を目的とする「福岡半導体リスキリングセンター」が開設した。開設経緯について副センター長を務める九州大学大学院教授の井上弘士氏はこう語る。

「当センターは、公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団(通称:ふくおかIST)のもとで開設されました。財団では、2001年から半導体分野で活躍する人材の育成を手がけており、2021年にはその実績が認められ『ものづくり日本大賞』の経済産業大臣賞も受賞しています。そういった下地をもとに、昨今、産業界の経営課題になっているDXやGX、リスキリングといった今日的な課題に合わせて取り組みをアップグレードしていくことが開設の目的となります。また半導体は日進月歩の世界で、どんどん新しい技術が出てきますので、常に先を見据えながら人材を育てていく必要があります」 

同センターが開設前に実施した福岡県内の企業を対象に行った調査でも、過去3年間、計画通り半導体分野の人材採用ができていない企業は4割にのぼった。新たな半導体産業基盤の拡充に向けて、人材の確保・育成は喫緊の課題となっている。

作る側と使う側、双方の
視点に立つ講座体系を構築

同センターの講座体系は、半導体を「作る側」向けと「使う側」向けに大別される。井上氏によると、その体系の根底には、半導体をめぐるビジネス潮流の変化があるという。

「かつての半導体業界は、たくさん製造して、使ってくれる人に買ってもらうという考え方でした。ところが、現在、多くの企業では自社独自のサービスを実現できる半導体を求めるようになっています。例えばグーグルは『TPU』という半導体を独自開発しました。データセンターのAIの機械学習を高速化して自社サービスを差別化することが目的です。アップルのMacも自社開発のCPUを使っています。今後、製造コストが下がり、設計技術の進化で設計が容易になれば、中小企業もそうしたアプローチが可能になるでしょう。そうした潮流は『半導体の民主化』と言えます。民主化が進めば、半導体を作る・使うのいずれかだけ知っていても充分ではなく、どのようなサービスにどう使うのかも視野に半導体を作るという、作る側と使う側の双方向で思考できる人材がより重要となります。当センターの考え方の大きな柱は、そこにあるのです」

これまで、作る側は作ることだけに専念してきたが、使う側のアイデアを意識することで「知の交差」が起こり、新たなものが生まれる。それが同センターの世界観だという。

同センターの講座は「作る側」向けに製造工程ごとに分類された「半導体講座」と、「使う側」向けに各分野での活用法を中心とする「半導体活用講座」に分けられており、対面講座、リモート講座の他、e-ラーニングも可能で、提供手法は多様だ。講師陣は、20年余に渡る人材育成の取り組みの中で関係を築き上げてきた各分野のエキスパートに加え、センター長の黒田忠広氏(東京大学特別教授)や井上氏の人脈も活かし、大学教授から東京エレクトロンやキヤノンなどの大手装置メーカーの技術者と多彩である。また、講座は福岡県のみならず九州・全国から受講可能で、特に福岡県内の中小企業に対しては、受講料が無料になる補助制度も設けている。

さらに、企業の要望に応じて、講座のカスタマイズや九州に限らず全国の企業の社内研修などへの出張講座も可能だ。同センターの人材育成コーディネーターと講師が連携し、対象企業本位の講座の仕様を決めていくという。さらに、受講者自身が学習効果を確認できるように、「理解度テスト」を導入し、合格者には「修了証」を発行している。

昨年度実施した公開講座は累計13回、公開セミナーは10件、個別企業向けの研修は73件を数え、受講者数は合計4,216名に及んだ。また、昨年度は32件(うち、県外23件)の視察があった。今年5月は、全国知事会会長の村井嘉浩・宮城県知事の視察もあり同センターに大きな注目が集まった。

企業ニーズも踏まえて講座を開発
全国に広がるネットワーク拠点に

講座は企業アンケートなども参考にニーズを捉えて開発・改善する。センター開設以降、作る側では「半導体実装概論」、使う側では「1日で学ぶ組み込みソフトウェア開発入門」などを新たに開講した。また、企業からの要望も受講者数も多いのは井上氏と同センター人材育成エグゼクティブアドバイザーの山田順治氏(三菱電機㈱)が講師を担当する「よくわかる半導体超入門Ⅰ~Ⅲ」だ。

「本講座は、半導体の全体像を学ぶ講座で、非常に多くの受講者が集まります。半導体とデジタル社会との結びつきを理解していただけるよう、丸一日、半導体ってどんなもの、しくみ、作り方の3部構成で講座を提供します。『半導体など自分とは違う世界のものと思っていたが、そうではないことがわかった』といった声もいただきます。一方、日本を代表する装置メーカーの技術者を講師に迎えた講座『半導体製造装置(基礎)』は、受講者が200名を超えるなど、こちらも大変人気があります」

半導体の基本が体系的に学べるだけでなく、デジタル社会の実現に必要な半導体の動向といった最新トピックへの理解も深めてもらう場にすることが井上氏の思い描く未来像だ。

「受講して終わり、講座を提供して終わりではなく、この場での『知の交差』を契機に様々なネットワークが広がって、日本の半導体産業基盤の強化と人材育成の加速につながることを期待しています。日本の半導体産業を盛り上げるために、ぜひ仲間になっていただければと思います」

7月23日は人気の公開講座「よくわかる半導体超入門Ⅰ~Ⅲ」も開催する。九州から全国へ広がるネットワークの今後に期待したい。

井上氏等が講師を務める講座「よくわかる半導体超入門Ⅰ~Ⅲ」の様子

※福岡半導体リスキリングセンターが提供する講座の詳細はこちら(https://reskilling.ist.or.jp/)から確認できる。