最先端の教育と地域連携 移住者が集まる学校のデザイン

日本初のイエナプランスクールとして2019年に誕生した長野県の大日向小学校。学校を目当てに東京などから多数の家族が移住している。時代のニーズに応えた教育と、地域に開かれた学校づくりが人気の背景にある。(取材:未来教育ナイト)

児童の7割は移住家庭 教育コンセプトで人を呼ぶ

2019年に開校した大日向小学校(同校プレスリリースより)

2019年に開校した大日向小学校(同校プレスリリースより)

日本初のイエナプランスクールである大日向小学校(長野県南佐久穂町)は、廃校だった佐久東小学校をリノベーションし、2019年に開校した。北陸新幹線佐久平駅から車で30分、最寄りのJR海瀬駅からは7kmとアクセスが良いとは言えないが…

(※全文:1999文字 画像:あり)

全文は無料会員登録後、ログインしてお読みいただけます。