実務家教員に必要な3つの能力

専門職大学院に続き、2019年には専門職大学・短期大学がスタートした。今後、一層の需要が予想される実務家教員。どのような学びが必要なのか。

複雑化した現代社会の課題に立ち向かうためには、社会に偏在する知識を総動員する必要がある。この点において昨今、個々人の実践知(暗黙知)を既存の知識との間で体系化し、後世に継承する主体たる「実務家教員」の重要性が認識されつつある。

人生100年時代において、高等教育機関等においてもリカレント教育(社会人の学び直し)が注目されるなかで、社会のニーズを踏まえた学びを提供する実務家教員自身に必要な学びとは…

(※全文:2288文字 画像:あり )

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。