「学生の本分」が評価される時代に 企業で広がる履修履歴データ活用

日本企業はこれまで、採用選考で学生の成績をほとんど考慮してこなかったが、この状況が今、少しずつ変わりつつある。履修履歴のデータベース化が進み、企業も優秀な新卒人材を獲得するための成績評価の重要性に気づき始めた。

(※全文:2398文字 画像:あり)