産学官一体でリカレント教育、次世代リーダー・承継者を育てる

前橋市で今、新しいリカレントスクールの構想が進んでいる。近年、全国でリカレント教育の講座が開かれているが、その多くは大学等が単体で提供しているものだ。前橋市のリカレントスクールは、地域の産官学が一体となって推進する稀有な取組みとなっている。

産学官が一体となって、地域人材の育成・定着を後押し

前橋市では今、数々の産学官プロジェクトが進む。その根底にあるのが、2016年に策定された前橋ビジョン「めぶく。」だ。それは、前橋市はどのようなまちを目指すのか、まちづくりの将来像を示すビジョンであり、その策定自体が官民協働で行われた。

そして2018年、産業界・教育界・行政が地域の課題を共有し、お互いの強みや経営資源を持ち寄りながら課題解決に取り組むために「めぶく。プラットフォーム前橋」が発足。同プラットフォームは「地域人材の育成・定着」を目指している。

前橋市の地域人材に関わる課題について、前橋市役所未来政策課主事の冨川尭敏氏は次のように語る。…

(※全文:2092文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。