カインズCHROが語る、「人的資本経営」の時代に求められる経営人材の資質

「人への投資」や「人的資本経営」が注目され、“CHROの時代”ともいわれる現在。最高人事責任者(CHRO)としてカインズに参画した西田政之氏は多様な業界を横断しキャリアを構築してきた。これまでの“恩送り”として人材育成に取り組む思いを聞いた。

「経営と人」の課題に惹かれ
金融から180度の転身

西田 政之

西田 政之

株式会社カインズ 執行役員CHRO(最高人事責任者)兼 人事戦略本部長 兼 CAINZアカデミア学長
1987年に金融分野からキャリアをスタート。1993年米国社費留学を経て、内外の投資会社でファンドマネージャー、金融法人営業、事業開発担当ディレクター等を経験。2004年に人事コンサルティング会社マーサーへ転じたのを機に、人事・経営分野へキャリアを転換。2006年に同社取締役クライアントサービス代表を経て、2013年同社取締役COOに就任。その後、2015年にライフネット生命保険株式会社へ移籍し、同社取締役副社長兼CHROに就任。2021年6月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員、MBTI認定ユーザー、森林組合員。日本CHRO協会 理事、日本アンガーマネジメント協会 顧問も務める。

西田氏のキャリアは、日系証券会社の“ドブ板営業”に始まる。毎日100件の飛び込み営業をする日々を送るなかで優秀な成績が評価されて社内でMBA留学の対象に選抜され、米国でMBAを取得。帰国後、系列の運用会社でファンドマネージャーを経験したのが転機となり、外資系の年金資産運用コンサルティング会社へ転職した。

(※全文:2283文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。