子ども同士が助け合う 非認知能力を伸ばす幼児教育

ノーベル賞経済学者、シカゴ大学のジェームズ・J・ヘックマン教授は、「5歳までの教育が人の一生を左右する」と指摘し、幼児教育における非認知能力の育成の重要性を説いている。非認知能力とはどんな能力を指すのか。そして幼児期に求められる非認知能力をのばす教育とは何か。

(※全文:2838文字 画像:あり)