2023年のキーワード 人的資本 個の能力を生かし働きがいを感じる経営を

この1年で一躍社会の認知を得た言葉とも言える「人的資本」。人材を、価値を生み出す資本と捉えてマネジメントする、という点は理解できてもそれを実際に経営や人材育成に反映させることは難しい。人材コンサルタントの上林周平氏にその本質を聞いた。

「人的資本経営」の背景にある
個人と組織の関係性の変化

上林 周平

上林 周平

株式会社NEWONE 代表取締役社長
大阪大学人間科学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現 アクセンチュア)に入社。2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者としてプログラム開発に従事。新人~経営層までファシリテーターを実施。2015年、代表取締役に就任。2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、エンゲージメント向上を支援する株式会社NEWONEを設立。米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー。著書に『人的資本の活かしかた 組織を変えるリーダーの教科書』(アスコム)がある。

上林氏は起業前、コンサルティング企業で企業研修等に携わっていた。当時は終身雇用制が徐々に薄れ、人材が流動化していくことが目に見えるようになってきた頃。その変化の中で「個人と組織が従属する関係から、より対等な関係へと移っていく流れを感じとっていました」と振り返る。また、支援していたさまざまな企業は課題として人材難を挙げるようになり、年々訴えは深刻化していった。そこで2017年、『エンゲージメント』に着目して企業を支援することを目指し、NEWONEを創業した。

(※全文:2369文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。