Society5.0時代に向けた大学教育改革を提言

日本経済団体連合会が、報告書「Society5.0に向けた大学教育と採用に関する考え方」を公開した。産業界と大学が2019年に実施した「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」における議論をまとめたもので、「大学教育」「産学連携」「採用・インターンシップ」の3つの観点から、Society5.0時代に活躍できる人材をいかにして育成すべきかを提言している。

大学教育においては、今後は最終的な専門分野が文系・理系であることを問わず…

(※全文:928文字 画像:あり)

全文は無料会員登録後、ログインしてお読みいただけます。