実践教育プロジェクト演習① 知識を伝達・継承するために必要な能力を育てる

2021年4月から新設される実務教育研究科。本稿では「実践知のプロフェッショナル」の育成を目指す、同研究科の「実践教育プロジェクト演習」を紹介する。

実践教育プロジェクト演習の、目的と4つの特徴

廣谷貴明(ひろたに・たかあき)

廣谷貴明(ひろたに・たかあき)

実務教育研究科専任講師。専門は教育学、教育行政学、教育政策。2020年3月東北大学大学院教育学研究科 総合教育科学専攻 博士課程後期3年の課程修了(博士(教育学))。文部科学省公立小学校・中学校教員勤務実態調査研究・研究会委員、独立行政法人教職員支援機構・客員フェロー等を歴任。主要著作に『教育制度を支える教育行政』(分担執筆、ミネルヴァ書房、2019年)、『アメリカ教育例外主義の終焉―変貌する教育改革政治―』(共訳、東信堂、2021年)。

本稿から3回にわたって、実践教育プロジェクト演習の授業を紹介する。1回目である本稿では、実践教育プロジェクト演習(以下、本授業)の目的・進め方を概説し、2回目以降に詳細な授業内容や授業の様子について紹介する。さらに各回では、3名の担当教員それぞれの専門領域から本授業の意義に関して述べる。

本授業は、実務経験の言語化に基づいて体系的に形成された教育プログラムによる効率的・効果的な人材育成を実現するための実践的スキルの習得を目的とした授業科目である。具体的に、本授業では(1)教育プログラムの作成、及び模擬授業の実践に関する理論を習得し、(2)履修者自身が授業内で教育プログラムを自ら提案し、(3)…

(※全文:1887文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。