教育学基礎理論―教育の根源的意義を理解した実践のために

「実践知のプロフェッショナル」人材を養成すべく、2021年4月、社会情報大学院大学でスタートした実務教育研究科。今回は「教育学基礎理論」を紹介する。

「教育学」とはそもそも何か?

廣谷 貴明

廣谷 貴明

実務教育研究科専任講師。
専門は教育学、教育行政学、教育政策。2020年3月東北大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻 博士課程後期3年の課程修了(博士(教育学))。文部科学省公立小学校・中学校教員勤務実態調査研究・研究会委員、独立行政法人教職員支援機構・客員フェロー等を歴任。主要著作に『教育制度を支える教育行政』(分担執筆、ミネルヴァ書房、2019年)、『アメリカ教育例外主義の終焉―変貌する教育改革政治―』(共訳、東信堂、2021年)。

本稿では、社会情報大学院大学実務教育研究科の基礎科目である「教育学基礎理論」について紹介する。

「教育学」というと、読者はどのようなイメージをもつであろうか。効果的な教育方法の在り方を考える、そもそも教育とは何かを考える、学習者の心理を理解する、教育の効果を研究する等々、考える人によって多様な回答が導き出されることが考えられる。多様な回答が考えられるが、上記の回答はいずれも教育学に含まれる。教育学とは「教育」をフィールドとして、多角的な視点から研究が行われる学問領域であり、研究者によって教育哲学、教育方法学、教育心理学、教育行政学等、専門が分かれていく。

(※全文:1808文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。