実践教育プロジェクト演習③、実務家教員の質保証に向けて

2021年4月、社会情報大学院大学でスタートした実務教育研究科。今回は、前2回を踏まえ同研究科が展開する「実務教育プロジェクト演習」の取組と狙いを紹介する。

履修者の素案等から見る、プロジェクト演習の取組

藏田 實(くらた・みのる)

藏田 實(くらた・みのる)

高校教諭・校長を長年務めた経験から、神奈川県教育委員会、神奈川県立総合教育センターなどの役職を歴任し、大学、文部科学省などでもカリキュラムに関する外部委員を務める。プール学院大学・短期大学学長を経て、社会情報大学院大学先端教育研究所特任教授。2021年4月より現職。高大接続システム開発に取り組む。

「実践教育プロジェクト演習」(以下、「プロジェクト演習」という。)は、今年度4月24日から担当教員3名、履修者5名(次年度の履修予定者は31名)で開講した。本稿では、前2回の連載を踏まえ、「プロジェクト演習」の取組み状況と本講座のねらいについて述べる。

第1週は、オリエンテーションを行うとともに教育プログラムのテーマ(素案)・概要の作成が課された。今年度の履修者は、昨年度本学にて開講された「持続可能な次世代人材育成を探求する大学院教育プログラム1)」の受講者であり、自らの興味・関心のある…

(※全文:1808文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。