知の理論 これからの社会に求められるメタ知識の重要性

「実践知のプロフェッショナル」人材を養成すべく、2021年4月、社会情報大学院大学でスタートした実務教育研究科。今回は「知の理論」を紹介する。

「知の理論」とはなんだろうか

川山 竜二

川山 竜二

社会情報大学院大学 学監 兼 実務教育研究科長。
専門は知識社会学、人的資本、高等教育システム。筑波大学早期卒業。筑波大学大学院人文社会科学研究科社会学専攻。文部科学省持続的な産学共同人材育成システム構築事業委員、実務家教員COEプロジェクト事業責任者、日本大学基準協会理事ほか。実務家教員ならびにリカレント教育に関する著書、講演多数。

「知の理論」とはなんだろうか。「知」も「理論」もどちらもなんだか難しそうなニオイがする。しかし筆者は、これからの社会で必要な能力が「知の理論」に凝縮されているのではないかと考えている。そのキーワードが副題にある通り「メタ知識」である。

筆者は、いたるところでこれからの社会は「知識社会」であると主張している。持続可能な社会を実現させるにせよ、経済成長にせよ、これからの価値の担い手は「知識」になるだろうと考えている。

ここでいう知識とは、なにも自然科学的な知識だけにとらわれない。人文学や社会科学も、極端なことをいえば、おばあちゃんの知恵(人生経験に裏打ちされた実践知とでもいえるだろうか)も知識である。

なんらかの成果を出す思考は知識といえる。例えば、科学的な知見は「新しい科学的発見」の成果をもたらすし、…

(※全文:1653文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。