実践教育プロジェクト演習② 「おとな」の学びの観点から

2021年4月からスタートした実務教育研究科。本稿では前回に続いて、「実践教育プロジェクト演習」について紹介する。

カリキュラムの中核をなす、実践教育プロジェクト演習

伴野 崇生(ともの・たかお)

伴野 崇生(ともの・たかお)

社会情報大学院大学実務教育研究科准教授。香港中文大学専業進修学院専任講師、アメリカ・カナダ大学連合非常勤講師、東京農工大学特任助教、慶應義塾大学特任講師等を経て現職。これまで大学・大学院で担当した科目は、外国語/第二言語科目から科学技術コミュニケーションや多文化間カウンセリング、インストラクショナル・デザイン、アンドラゴジーまで多岐にわたる。近年は文化心理学の観点から、学習者・教師/学習支援者の変容プロセスに関する研究を進めている。

2021年4月10日に入学式が行われ、社会情報大学院大学実務教育研究科はいよいよ本格的に始動した。実務教育研究科は、「実践知のプロフェッショナル」の育成を目指し、教育・人材育成にかかわる社会科学的な知見と実践的な知見を融合させた教育研究活動に取り組む大学院である(本連載第1回参照)。本稿では前号(本連載第2回)に引き続き、実務教育研究科で開講される実践教育プロジェクト演習について紹介したい。

実践知のプロフェッショナルとは、実践知の言語化・体系化とそれにもとづく教育・人材育成の実践を行う人材のことである。実践における知を言語化・体系化して教える・伝える、さらには、社会に実装・普及していくためのスキルは…

(※全文:1699文字 画像:あり)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。